千生`s すけーぷ / 365 days

乳癌から18年 ―Blog 365 days―



We should live, not just exist. 

人はただ生存するのではなく
思う存分生きるべきだ_


莫大に増えたブログ記事からの転記や
場所を移しての立ち上げです。

これは、私のライフスタイルの記録や
また好きな空の写真や、日常と心の
風景や機微についての写真記録。

なんとなくのメモ記録。


乳癌から、無事18年目を迎えました!


私のふりする偽物が、ペンネーム千生
『Chisei』を盗用し、ふりをしていたが。

私自身は、乳がん体験記の時からの
ハンドルネーム (鈴木霄)にて、記録、
ブログを続行中!


警察に扮した犯罪者5人組が、2017年3月16日
多摩市の自宅に押し入り、押し込み強盗!

スマホと医療機関の診察券を強奪、押収。

精神障害やエホバ、女装と5人組による市役所
職員のふりをした、共産党や創価組でした。
そんなこんなの被害体験から、2017.6.9に

契約変更をした後スマートフォンを変え記事を
書いています。しかし、その契約変更した携帯
電話も、容疑者組織イリからハッキングされて
壊された。警察を語る犯罪者は、山本達彦組!


犯罪は
「失語症」や「成り済まし」で、鈴木姓が日本に
多数いるから、と言って鈴木姓に成り済ました人
たちがいる。だから、私は生きてる間は「鈴木霄」
である名前を名乗り続けなくてはならない。

生きてる証に!?


ホルモン依存性乳がん、エストロゲン、また
プロゲステロンの過剰分泌による乳癌について、

『死亡しない、肉体死に到らない』ということを
理解してなかった知的障害が、山本達彦と角松役と
私を死亡扱いし、私のふりを仕立て混乱させていた!

私は、2004年からどうにか生きている!


私自身は、乳がん体験記時代からの
ハンドルネームや、ペンネーム(千生)にて
ブログを(幾つか構成しながら)続行中!!


千生 『Chisei』は、ペンネーム


記事の投稿、ブログの構築は2013年に
パソコンが故障した為、所有のスマホ
のみで編集、構築、記録ー。


写真はスマートフォンからの撮影、
2009年くらいから撮影を重ねてきた!


警察に扮した犯罪者5人組が、2017年3月16日
多摩市の自宅に押し入り、家宅侵入し強盗!

スマホと医療機関の診察券を強奪、押収。
精神障害やエホバ、女装と5人組による
市役所職員のふりをした共産党や創価組
エホバだった。そんなこんなの被害体験から

契約変更をした後スマートフォンを変え記事を
書いています。警察を語る犯罪者は、芸能人の
関係者ぶりによる。犯罪習慣のある顔による
指示、犯行だと聞いた。


http://suzuki-sora.theblog.me/
更新できなくて、こちらを開設_。

URLを変えて、こちらで記録中!


私は、ハンドルネームの(ソラ) 霄の意から
転化の千生(ちせい)は、LINEアプリ圏外に
いるブロガーであり、

幼年時代からのあだ名、ヒロちゃん(杼絽)と
本名から、身内に呼ばれることもあります!?


母方の祖父の血、山縣有朋と嘉悦たかの遺伝子、
更には中山慶子と、西郷隆盛の親族と、父方に
繋がる島津家と正田家遺伝子が、私の肉体とに
示されている!?


私の心から生まれるものを
記しています。空の写真と…。


http://suzuki-sora.theblog.me/
更新が不能にて、URLを変えて
livedoor Blogにて記録続行中!


記事の投稿、ブログの構築は
2013年にパソコンが故障した為、
所有のスマートフォンのみで編集ー。

写真はスマートフォンから撮影。
2009年くらいから撮影!


IMG_20220124_075411
千生/ 鈴木霄(Sora)


背景写真は、2022.4.6 撮影


🖊️http://suzuki-sora.diary.to/



_20180721_105901

DSC_3226

DSC_3227

DSC_3229




富士山は、
やはり雲の中に隠れてる?



DSC_3230

DSC_3231





暑い暑い夏の日差し。
ベランダは、亜熱帯!?



🌝撮影/宏枝.Suzuki



さる4月29日、4月30日は

“ピンクムーン” なる月が出る日とされ
私は知らなかった。が、今年4月29日
真夜中(4月30日午前1時過ぎ)に、

ベッドの枕元から窓の先に月が見えた。


月明かりを顔に受けながら、真夜中に
興奮し、スマートフォンでそれを撮影した。


“ピンクムーン” は、知らなかったが(笑)。
見事に光り輝く月に、枕元を照らされて
思わず撮影していた。




DSC_2476
4月29日 19:51撮影


_20180430_015822

DSC_2483

DSC_2485
2018年4月29日 AM1時47分の月



この “ピンクムーン” の月は、

翌4月30日の深夜もベッドの枕元から
月明かりが見られた。こんな⤵️

_20180430_233239
4/30, 23:28の月

DSC_2499

DSC_2498

_20180430_235431

DSC_2503
23:50の月




こんな “ピンクムーン” が、あるなんて。
真夜中に見つけた(4月の月の)奇跡。


昨夜、月明かりの下でベッドから光る
木星を見て、気になりベランダに出た!


ドローンみたいな気がしていたが?

余りにも天体に詳しくない私が、月に
近い場所で輝く木星を知らなかった!


木星と、土星を見て市街地にいて
宇宙に繋がる体験をしている。



🌝 “ピンクムーン” に関しては、

コニカミノルタのサイトにて⤵️
星空Navi/ピンクムーン(2018年4月30日)




🖋️宏枝.Suzuki/撮影

DSC_3197





月明かりの中に
お月様のそばに、必ずと言っていいほど
現れる、小さな光がある。いつもいる!


お月様の、向かって左下に
現れる光。いったい何なんだ?


ドローンなんだろうか?
と、冗談はさておいて……

南西に、木星が見える日なんだそうだ。




DSC_3201

DSC_3203




こちらは、母のスマホから⤵️
20180720_211423

20180720_211323




DSC_3201





これは、月から離れた左側に見えてる土星。
ベランダから見て南東。⤵️

DSC_3204



母のスマホでは⤵️
20180720_211436





こちらは、お月様。そして、木星。
↓ ベランダの南西にいる!

DSC_3205

20180720_211553
母のスマホで!






不思議な光も、
南東に現れる……。何?

南東にある光は、土星みたいね?

土星さん、忘れないね。


因みに、

私が生まれた日は東京は昼間は
雨だったが、真夜中に私が生まれた時

上昇宮は、山羊座。
金星が、魚座だったそうだ。


グレートコンジャクションのある時季。



🌝宏枝.Suzuki




✒️2017年12月9日/記




自分を
好きか、嫌いか?

自分が、
嫌いか、好きか?


「自分育て」をするということ。


それを好きか嫌いか。人間である自分を
「試す」こと。それは楽しい作業か否か。


「生まれてきたこと」を、どんな風に考える?
「生きてきたこと」を、どう取り組むの?


「生きていること」にどう取り組むか?
「人間」であることに、どう取り組むか?


「本当のこと」を、どう取り組むか?


自分を、「試す」ということに躊躇いを
感じるか否か。「わたし」であることを
「幸せ」に思えるかどうか。


私が、「私を育てる」ことが好きなら
「自分らしさ」なんてものは、日々流動し

私が、自分の本質に対峙し過去と未来の
狭間にいて、「明日」という道で、迷子に
ならないとも限らないのだ。言い訳のない、

「嘘をつかない」ほんとの自分だから、今
これからの姿は、やみくもに歩くしかない
のだ。歩かなくなると、育たない。


赤ちゃんのように、背が高くなるまでの
日常を、手探りになる赤ん坊が親の顔を
見上げなくなるまでは、やみくもに歩く
しかないんだ。


砂利をつかんで、道端に砂利を投げつけた
小さき赤ん坊の散歩のように、見えない
世界に石ころを投げるようなものだ。


赤ん坊が
自分の小さき背丈で、狭く低い次元の先に
ある世界へ、投げかける沢山の疑問や不安。


小さき赤ん坊が、自分の親の背丈に追い付く
までの日常で、人間になる為の様々な学習や
経験の中で、自分の「いのち」を学ぶんだ。


「誰かに似ている」「誰かに似ていない」
あらゆることに、出会う為に歩くしかない。


自分の人生に、「こんにちは」と駆け寄り
握手をするような体験や、見ず知らずの人の
知らない世界に、肩身の狭い思いをしながら
静かに、密やに近づき傍観者になる暮らしや、

友達ではない人に、友達のように繋がる嘘に
自分が、自らを置かなくてはならない仕事や
学習や、社会経験は「誰にも知られていない」
という嘘や、欺瞞に

自らが自分を投じなくてはならない、という
ジレンマと日々、闘わなくてはならないの
かも知れないし。


「仕事をする」為に、つく嘘が犯罪者の仮面
みたいになると、仮面を沢山抱え込んでる
精神障害者みたいに、解離性障害を誘因し、
それを遊び、ゲームのように企てる人間が

「大嫌いな自分」を、「居ない」と思わせる
ことに繋がり、「好きになれない自分」から
目をそらし、自分の本質に牙を向ける強さも
自分の内性に語りかけるモラルさえも無く、


「誰かに繋がる為」に、嘘をついたり
「存在させたくない自分」の為に、偽装し。

「自分を偽りたい」という弱さの為に、嘘を
増やし、「好きにならない自分」の為に、

人間が、「自分に似ていない誰か」に似てる
ふりをする。自分を「一番好きでない自分」
という弱虫が、自分に繋がらない、自分に
一番似ていない人に、成り代わりたがる…。


そんな精神障害者が、自分を育てなくして
自分を生きなくして、自分に繋がらない
存在を、自分の体や言葉で演じている!?


だから、「自分育て」を苦手な人には
「あなたの名前は、なんと言いますか?」と
確認し、「あなたの仕事はなんと言いますか」
と訊ねることが必要になる。また、他人とは


繋がらない、繋がりたくない人に関わる必要
はないし、見ず知らずの人に繋がらなくても
悩む必要もない。「誰かに負ける」ことや、

「誰かに勝つこと」は、自分の立場でしか
判断が出来ない。繋がらない人間に、いきなり
試合やゲームのように挑む理由はない。バカな
ヤンキーな、ゲーマーでない限りは他人のまま。


繋がらない、繋がってないのは当たり前。

当たり前を知られない、当たり前に学んで
いない、精神障害者が家族や親族や友人を
分からないのは、知能障害でない限りは?


「自分の現実」と繋がる、本名で生きるしか
他人とは繋がらない、ということ。友達では
ないから、仲間ではないから、人間関係とは

バーチャル世界さながらに、まやかしの登場
人物と化し、知らない人、繋がらない人と
「どうどもいいことをやる為」に今日だけ
繋がる、というだけの無関係者と犯罪?



知らない人と、犯罪をやる為に繋がる顔を
精神障害者が、あちこちで見ず知らずの
繋がらない他人と、臨時の犯罪者ごっこ。


そんな人たちの、バーチャル世界とは
「自分を生かす」とか、「自分を育てる」
ということが、面倒のようだ。共産党でね

世界には繋がらない、成長をしない人との
一度だけの関係や、1日だけの友達ごっこ
というのがある、という。病気なんだね。


私には、無関係な精神障害者の住む世界。
嘘と、狂言だけの猿芝居。共産党が習慣化!

日常でやり尽くしていた、遊んでいたその
世界感とは、現実を知らない人が現実を
見ない仲間と、1日だけやる狂言と嘘と
詐欺の世界。


それをかわいそうなことだと分かると、
関わりたくはない。ずるいから。



学んではない、身に付いていない、成長や
経験は無い。その日常だけを使って生きる
人たちに

「人間にならないの?」「心は凍えてる?」
そう聞いてみたい。寒くないですか?


あなたの魂、あなたの人生は侘しくない?
幸せでしたか? あたたかい日に笑った?


自分のこと。大好きになりたいと思うまで
自分の目で、現実が見れない、という病気の
人たちが増えちゃったね。自分をスルーして、

自分自身を町や部屋に置き去りにしてきた
人たち。あなたは、あなた自身が嫌いだから


あなた自身の名前で、生きれないんだね。

あなたの生まれた日に、あなたは自分が
死んだように、自分に蓋をしたんだよね。

スルーして、嘘ばかりを言いながら?
あなたが、あなたを生まれた日に捨てて
来たように、私もあなたには繋がらない。






















人間に、
人間らしさを語らせたなら、こんなことを

熱く、愉しく嬉しそうに語り合えるんだが。





🖋️宏枝.Suzuki



_20180720_111812





ベランダで育ててきたアボカドと、
紫蘇。アボカドは、土を足して

今は、少し暑さに疲れぎみ。




DSC_3180




紫蘇は、もうすぐ食べられるかな。
今朝は、こんな感じに!?




🌱 hiroe-s

DSC_3156

DSC_3155






空模様。今日は
ベランダも、外は風が強いみたい!?


雲は、あんまり出てないし…。
富士山も見えないね。




DSC_3154





🖋️宏枝,Suzuki/撮影


DSC_3138

_20180718_204246

DSC_3136





“センパフローレンス”という。

ベゴニアの一種。元来は
“エラチオール” が有名だが?


昨年初夏に、苗を二つ購入し
今年で、2回目の夏を迎えた。




DSC_3135

DSC_3134






6月から元気に咲いてくれて…
有難いくらい、愛らしく美しいのだ。


8月までは、元気に咲いてて欲しいな。

Amazonでは、“シュウカイドウ”になって
売り出されてるみたい。名前、違う?




🥀宏枝,Suzuki/撮影













ベゴニア百科
誠文堂新光社
2003-04





↑このページのトップヘ